3列独立高速バスで、福岡と関西を往復

ユタカライナー座席の足元

深夜高速バスで福岡から関西へ。

トイレの心配をせずになるべくゆっくり行きたかったので、3列独立高速バスを選択。ユタカライナーという高速バスです。

チケット購入は、高速バス検索サイトからユタカライナーのサイトへ飛んで直接購入しました。

22時45分とかなり遅めの出発です。

出発場所は、HEARTSバスステーション博多というのが博多駅近郊にできていて、ここへの集合でした。以前は、たいてい博多駅筑紫口のコンビニ前からでしたが、座る椅子もないので、早く来た場合に持て余していました。

このHEARTSバスステーション博多は各バス会社が乗り入れできる総合ステーションで、待ち合わせのソファやWi-Fiまで完備してあり、かなりいい感じでした。

時間通りにバスが迎えに来て、チェックイン。荷物はリュックとパソコンだけだったので、添乗員さんのすすめで、網棚だけを使うことに。平日で、人数が少なかったこともあったでしょう。

席はゆったり、リクライニングは180度というわけにはいきませんがかなり後ろまで倒せます。カーテンで囲めるのでプライバシーは保たれます。172cmの男性ですが、体を目一杯せり上げて椅子にフィットさせる感じでなんとか脚をきれいに伸ばせますが、ややきつい感じ。これ以上は仕方ないでしょう。

座席回りの装備としては、USBタイプの電源。これはスマホ専用となっているようで、tabletやPCなどの使用は禁止とされています。配られているのはアイマスクと薄いブランケット。

6月初旬の旅でしたが、夜中は結構冷え込み、薄手のパーカーが活躍しました。

歳をとる旅に眠りが浅くなっているせいもあって、熟睡はできませんでしたが、周囲にいびきをかくような人もおらず、まずまず快適に過ごせました。

トイレ付きはやはり安心。夜中の1時頃と4時半くらいに高速SAにてトイレ休憩もありましたが、降りずにすませました。

アルコールや匂いの強い飲食物は禁止です。

値段は行きが7500円、帰りが5500円。これはシーズンや平日か否かなどのタイミングです。

バス泊は多少しんどいですが、翌朝から動けるのがメリットですね。

帰りは京都からもどりましたが、大阪からでも京都からでも福岡までの価格は同じでした。

京都の集合場所は、京都駅八条口観光バス乗降場<アバンティ前駐車場>でした。

19時45分発と行きよりはかなり早めの出発でした。おかげで福岡には朝6時着。当日、普通に仕事へ復帰することができました。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク